MT4を導入するメリットデメリット

FXの分析に高性能なチャートソフトが必要だと思っていませんか?

そこで無料で使えるMT4が選択肢に入ってくると思います。

 

でも、なんだか難しそう…

自分に扱えるのかな?

と、思いますよね。

 

そんなあなたに【MT4】を導入するかどうかを

メリットデメリットをあげて

動画とともに紹介します。


MT4を導入するメリット

1.高性能なのに無料で使える

ロウソク足だけでなくバーチャートや平均足、

ラインチャートなど十分な分析ツールが揃っている。

2.インジケーターが豊富

海外のサイトからカスタムインジケーターを

たくさん見つけることができる

3.自動売買ができる

一番のウリ。(だと思います)

海外には、無料で提供されている自動売買ソフトを

たくさん見つけることができる。

4.裁量のテストができる

MT4で使える裁量を検証できるソフトもあります。

また、カスタムインジケーターも使って検証できます。

参考【MT4バックテスター】

5.ツールが豊富

たとえば、発注時に使いにくさを感じるMT4。

しかしツールを使えば

裁量取引でも設定で自動的にストップと利確を

瞬時に入れることができます。

参考【発注君】

6.自動売買ソフト(EA)の検証ができる

ヒストリカルデータを使って、EAのバックテストができます。

また、パラメーターを最適化することもできます。

7.デモ口座が使えるので無料で練習ができます

また、EAを試しに稼働させることもできます。

8.EAは寝ている間でも、取引してくれる(24時間稼働できる)

VPS(仮想専用サーバ)を借りることで、安定した環境で

自動売買ができます。

9.スマホでMT4ができる

どこでも、モバイル版のMT4で取引状況が確認できる。

10.自分の手法をEA化することができる

外注もしくは、自分でコードを書くことでEAが作れます。

ただ、トレードルールをプログラムに反映するのは非常に難しいです。

 

MT4を導入するデメリット

1.初めはとっつきにくい、小難しい

パソコン操作がある程度できない人には

なかなかの小難しさがあります。

しかし、現在ならWeb上にあらゆる情報が

あるので、そこまでのハードルは感じない

環境になっていると思います。

ある程度は検索すれば、解決できます。

2.設定するのが面倒

ヒストリカルデータを入れたり、

各種の設定が非常に手間がかかる印象があります。

※豆知識

アルパリのMT4は最初からヒストリカルデータが

ダウンロードと共についてくる。

3.MT4を使える日本のFX業者が少ない

MT4が使えるところで代表的なところは

オアンダ

フォレックスドットコム

楽天

などがあります。

 

※豆知識

海外のFX業者のメリットは追証なしの

ゼロカットシステムを採用しています。

 

海外には時々、怪しいMT4を扱うFX業者があります(笑)

他の業者と明らかに違う動きをしたり、出金できない、

決済ができない場面もあります(汗)

代表的なところを使っていれば問題はないでしょう。

 

また、海外の業者の場合、出金する場合に

多少時間がかかったりしますのでご注意ください。

 

まとめ

慣れてしまえば、使わなければもったいないチャート分析ソフトです。

しかも無料ですし。

ぜひ、一度試してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください